06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.12.06 (Thu)

まこも茸

"まこも茸"・・・知らない方が多いかと思います。
まこも
河川や湖の水辺に自生している、イネ科の「まこも(巨大なイネみたいな感じ)」の
根元部分で秋から初冬に採れる品種です。古くから東南アジア~日本国内で食用
・薬用として活用されていますが、全然メジャーではありませんね。アメリカ大陸で
はインディアンの一部種族がこの「まこも茸」の近似種をワイルドライスの名称でメイ
ン食材としているそうです。
食感は柔らかい筍、味はヤングコーン(とうもろこし)みたいな風味でクセがありませ
ん。天婦羅・炒め物・そして素焼きでも美味しくいただける「まこも茸」ですよ。
まだまだスーパーなどで見かける事も少ないですが、今後の有力野菜と期待されて
おり、活用が広がるとも言われています。







まん菜や的愛聴音源-50
☆Paul McCartney   Little Willow

http://www.youtube.com/watch?v=nvRoV_Mj0pA
97年発売の「Flaming Pie」に収録の物悲しい曲です。この「リトル・ウィロー」は、48
歳の若さで他界したポールの友人、モーリーン(リンゴ・スターの前妻)に捧げた曲で
あります。
アルバム「フレミング・パイ」は、バンドサウンドから変わり、またまたほとんどポールの
マルチ演奏で録音されたもので、ジョージ・マーティンのストリングアレンジと相まって、
王道のポールサウンド全開です。また助っ人にリンゴ・スターそして、ポールの愛息ジェ
イムス君も参加しています。
このアルバムの製作時期、愛妻リンダは乳がんの闘病中~翌年帰らぬ人となりました。
フレミング

この後・・・
99年リリースのアルバム「Run Devil Run(ラン・デビル・ラン)」
01年リリースのアルバム「Driving Rain(ドライヴィング・レイン)」
まで購入しました。
しかし、私の中でのポール・マッカートニーは旬が過ぎてしまいまして、聴きなおす過去の
アルバムに戻るようになり、ポール・マッカートニーは神の存在となったのです(笑)。
・・・爺ちゃんになっても聴き続けることでしょう。
夏のロンドンオリンピックでも大活躍、まだまだ元気で頑張ってくださいね。




スポンサーサイト
18:59  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mansaiya.blog72.fc2.com/tb.php/936-8b460fab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |