10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.11.29 (Sat)

カラフルな・・・

福岡県産の"フダン草(不断草)"です。
お洒落に言うと(笑)・・・スイスチャード。ほうれん草の仲間で美味しい葉野菜です。
通常は黄緑単色のものが出回りますが、このようにカラフルなものはちょっと、珍し
く着色したような鮮やかさであります。
カラフルなものはそれなりに栄養素も高めとなっており、ベタライン色素というポリフ
ェノールの一種が含まれます。
1129スイス



福岡県産の"コリアンダー"です。
香味野菜の一種で強力な芳香があり和食には向きません。
中華・タイ・インド・ベトナム・メキシコ料理では頻繁に用いられ、日本でも以前のエス
ニックブーム時に「トムヤムクン」で知名度が一気に高まりました。
別名「カメムシソウ」(汗)・・・好き嫌いがハッキリ分かれる香りの強い野菜です。
1129香菜


先週の連休(11/23.24)に、市場の親睦慰安旅行に参加してきまして、別府温泉に
泊まってきました。
別府からの帰り道、豊後高田の町興し事業で大々的に行われている「昭和の町」に
寄り見学してきました。昭和時代の町並みや家屋の再現、食べ物、乗り物、玩具等
沢山のノルスタジックなグッズも所狭しとコレクションしてあります。
私も昭和39年生まれでドストライクの昭和世代ですので懐かしく楽しみました。

ボンネットバス・・・ボロボロの車体をレストアして再現してあります。
私達は当時「トラックバス」と呼んでおり、小学低学年まで乗った記憶があり切符切り
の車掌さんが同乗されていましたね。
1129バス

これまた懐かしい ISUZU 「117クーペ」。
70年代を代表する国産のお洒落スポーティーカーの代表選手ですね。
117クーペのナンバーは「117」がマストアイテム(笑)で、この車体からもちら~っと見
えています(汗)。
ジウジアーロのデザインで有名なのですが、当時の法規によりフェンダーミラーが無理
矢理装着されました・・・これがドアミラーだったら更にスポーティーでカッチョよさもアップ
だったのに・・・。後継車種のピアッツァでもミラー問答が続いていましたね。
1129117.jpg

観光客には10~20代の方も多く、懐かしさではなく物珍しさで写真を撮っておられま
した。私達世代にはリアルタイムで接していたものが多くプチタイムスリップを楽しめま
したよ。





スポンサーサイト
17:33  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.11.22 (Sat)

今年も例年のように・・・

福岡県産の"柚子"
今から冬至(今年は12月22日)に向けて、この柚子を目一杯蓄えます。
毎年、お隣の「特別養護老人ホーム」様からの大量の注文を頂きますので
市場で仕入れたり生産者から直接買い付けたり・・・と量の確保に奔走します(笑)。
柚子
しかし今年は収穫量が例年に比べ少ないと言う話ですので、実は少々焦っています(汗)。




今朝の市場の様子です。
1122市場
1122市場-1
1122市場-2
地方市場の特徴で、生産者が直接持ち込む商品はこのように裸で出荷される
場合が多くあります。
1122市場-3
花苗(パンジー)です。春先・秋口の出荷が増えます。


国内産のブロッコリーも増えてきました・・・これは福岡県産です。
ブロッコリー-2

消費税増税が先送りになる方向に動き出しましたね。
いきなりの衆院解散から総選挙と、また街は忙しくなります。
先週までは福岡市長選挙の選挙カーで賑やかでしたが、また始ります。
アベノミクスも株価や円安には数字を出しましたが、実体経済には及んでいません。
私達、商売をしている人間にとっての実感としては以前にも増して悪化しています。

今回の選挙で大きく政局が変わることはまず考えられませんが、形式的な選挙に
国民の血税600~700億円使うことに対して違和感を感じている人も多いはずです。



16:46  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.11.15 (Sat)

キリストの血の色

クリスマスが近づくこの時期にあわせて出荷が増える"ポインセチア"です。
ボインセチアは「キリストの血の色」とも言われるほど鮮やかな赤色ですね。
1115ポイン
シクラメンやポインセチアは年末を連想させます。




熊本県産の唐芋"紅はるか"です。
1115はるか
切り口が染み出ているのは、甘さの象徴であります"糖分(蜜)"であり、この
芋の美味しさを象徴しています。
1115.jpg




吊るす最適の時期となってきました"渋柿"ですが、基本的には2種類が存在
します。
↓通称"愛宕柿"と呼ばれるトンガリタイプの渋柿は、剥きやすく、出来上がり
の格好がよく、お客様から「愛宕柿を頂戴~」と指定される方も多いですね。
1115トンコ

↓こちらは"丸柿"で、実は出来上がりの甘さ(美味しさ)は、愛宕柿を上回る場
合が多く、手間が掛かり出来上がりも少々不恰好ですが、味で勝負!ですね。
1115丸


"ブルーセドルス"・・・ほっておくと、とてつもなく大きくなります。
クリスマリーツリーのベースの木にもなりますよ・・・
1115ブルー


今年は「渋柿」は豊作だと思われます。市場への出荷量も多いのですが、通勤路
の山道には鈴成りの「渋柿」が沢山自生していますよ・・・ほとんどが「丸柿」であり
ます。
この「渋柿」が木成りのまま完熟し、ぶよぶよの甘柿に変身した頃、じっと待ってい
たカラス達のデザートになるんですよ。




17:23  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.11.08 (Sat)

紅くなってきました

路地物の"ほうれん草(福岡県産)"が増えてきました。
1108ほうれん-1
朝夕の冷え込みで、ほうれん草にも甘味が増してきます。
この様に根っこが「紅く」色づいたものが甘味が強い美味しさの証であります。
1108ほうれん




福岡県産の"蕪(かぶ)"です。
11月の声を聞くと「かぶは無いと~?」。。みたいなお客様の声が聞こえてきます。
「綺麗なのがありますばい」。。「おお、こりゃ立派に蕪だね~」
1108かぶ
先日早朝のFM番組で「蕪」の保存方法を紹介してました。
私も初めて知ったのですが、購入後は「葉っぱ」と「本体」を切り離し別々に冷蔵庫で
保存する・・・ことで蕪自体の養分(水分)を葉に取られず、シワシワになりにくく栄養
価も高いままらしいのです。
・・・と言っても、お店では葉っぱは付けたまま販売してますが(汗)。
・・・もちろん、葉っぱも捨てずに食べてくださいね。




福岡県産の"富有柿"です。
富有柿
柿も出端の「西村早生」~「太秋」「伊豆」「松本」~そしてこの「富有柿」。
日持ちも良く、美味しさも長続きする代表的な甘柿であります。
富有柿-3

美味しい秋を満喫してくださいね~





17:56  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |