11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2009.12.31 (Thu)

お世話になりました

今年一年いろいろとお世話になりました。
花-1
       花-2
花-3
       カレンダー
             年明けは5日(火)よりの営業となっております。
                新年も何卒宜しくお願い申し上げます。


1月1日~3日までは、天草に帰郷する予定です。
娘がインフルエンザから完璧に抜けきっていない様子なので、今回は一人で
帰ろうと思っています。
しかし昨日からの冷え込みは厳しかったですね。久留米も今朝は平地での積雪
がありました。福岡市内でも昼間は晴れたり吹雪いたりで寒い一日であります。

皆様にとって幸多き一年であることをお祈り申し上げます。


                                まん菜や
スポンサーサイト
15:43  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.30 (Wed)

霧の国道

いつもの東脊振トンネル近郊が真っ白い霧に覆われていました。
霧
本日は12月30日となりました。この見通しの悪い道をなにげに見ていて、な
んか今年一年を象徴しているな...と感じました。
景気後退・政権交代・不安な将来。先のハッキリ見えない"日本丸"の行く末
は、みんなが心配していることだと思います。
しかし、霧も何時までも続きはしないはず。この霧の先に明るい未来があると
信じて前向きに行動したいですね。

おかげさまで「まん菜や」は、忙しい年末を迎えさせていただきました。来年か
らは、同じ青果業でも少しづつ矛先を変えながら営業したいと考えています。
八百屋さんも時流に合わせて柔軟な営業形態を取る必要があると考えます。
まずは基本の顧客第一を念頭に、地域の皆様にご愛顧いただけるよう努力して
いきます。

さぁ、ラスト1日です。明日の大晦日まで営業いたします。頑張りまーす。。



20:31  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.29 (Tue)

橙(だいだい)

福岡産の"橙"です。
橙-1
今年は、果物(特に柑橘類)に共通のことですが、かなりの豊作となって
います。
お飾り用では「注連縄」に使用されるのが最もポピュラーですね。
また、料理関連では「お酢」の代わりに使っても美味しいですね。個人的
には「海鼠(なまこ)」を食べるときに、この橙を振って醤油で頂くのが好き
ですね。

橙

さあ、本日は12月29日となりました。市場の競りも明日がラストです。
本年最後の仕入れ、頑張るぞ~。。


20:01  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.28 (Mon)

お正月スペシャル

お正月向けの特別品揃え商品です。


餅餅-1
八女の久保山米菓さんの「きねつき餅」です。お雑煮や焼餅に丁度いい頃合
の大きさです。餅粉は使ってませんのでかなり美味しい「お餅」です。


蒲鉾蒲鉾-1
大川の関谷蒲鉾さんの「お正月用蒲鉾」です。蒲鉾各種・伊達巻・蒲鉾セット
など多種用意しています。


かなり冷え込んだ12月28日でした。予報でも年末~年始にかけて冷え込む予
報が出ていますね。
新型インフルエンザも、まだまだ猛威を振るっているみたいで、うちの子供も寝
込んでますし、アルバイトの高校生もインフル感染でここ数日お休み中です。
私も昨年末は39.5度の熱が出てフラフラで仕事をしました。今年は今のところは
大丈夫でピンピンしています。
一説では、新型インフルエンザは年齢によりかかりにくいとの話がありますね。
私も、もしかしたら年齢制限で感染しないのかと思うと複雑な心境であります。


19:41  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.12.26 (Sat)

ボジョレー・ヌーヴォー

クリスマスイヴの夜、
ついに本年の"ボジョレー・ヌーヴォー"をいただきました。
ボジョレーボジョレー-1
嫁さんのお母さんから頂いたものです。解禁からちょっと
間があったので、すっかり忘れてしまっていた所のサプラ
イズにとても嬉しくなりました。


ボジョレー-2
 ボジョレーの味的な特徴は、出来立て
 の葡萄の面影が残る清々しい・・・・とか
 なんたらかんたらでご存知の方も多い
 と思います。
 そこでちょっと視点を変えて、まん菜や
 的"ボショレー"の楽しみ方として、その
 年で違う「ラベル」であります。
 通常のワインはどちらかと言うと、伝統
 的な重厚なデザインが多いのですが、ボ
 ジョレーはかなりポップで明るいものが
 目立ちますね。
 



        私も味の好み等は有りますが、どれが上等のワイン
        かとかは自慢ではありませんが全く判りません。
        ボジョレー-3
        そして特徴的なのはボトルがクリアで、通常のワイン
        のように遮光用の濃い色が付いていません。
        採れたて出来立てのワインなのでなるべく早く飲むよ
        うに・・との事なのかなと一人妄想しています。

        とにもかくにも美味しいワインを有難うございました。



19:05  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.25 (Fri)

お正月用商品

クリスマスムードは本日25日迄で、いよいよ明日からは年末~年始用の商品
に入れ替わります。本日はいち早く、市場内には"お正月用商品"が並びました。
注連縄-大
↑本日の一番大きい"しめ縄"です。はみ出ていますが、長さは3㍍を超えてい
ます。"しめ縄"での最高値を付けた商品であります。これらの大きいものは、
ほとんど商店用ですね。

注連縄-小
↑一般用の"しめ縄"です。一昔前までは、お正月ともなれば各家庭の玄関に
は決まって飾られていたものですが最近はほとんど目にしなくなってしまいま
した。

松竹梅-1
↑"松竹梅"です。使い方はいろいろですが、ほとんど対で使用します。
玄関などでお正月を祝う縁起物として、門松のミニチュア版とも言えます。

松竹梅
↑通常の松竹梅にアレンジメントを加味したものです。パッと見た目が可愛い
のでマンションやアパートの玄関先に良いかもしれません。

根松
↑"根松"です。福岡市内ではどちらかと言うと、根を切って揃えた"若松"の方
がよく使用されます。

ウラジロ
↑"うらじろ"です。(筑後地区では"シダ"と言います)しめ縄等の正月飾りには
欠かせません。また「鏡餅」の間に"ゆずり葉"と挟み込む姿はお馴染みだと思
います。

蓮根-大山
↑この白い箱は"蓮根"です。年末はその需要に向けてかなりの量が出荷され
ます。

正月用-競り場-1
↑↓このように"お正月用品"は、狭い競り場にギッチリ並びますので、競り中
は混雑します。ボーッとしていると、並べてある商品を踏みそうになってしまい
ます。
正月用-競り場-2

このような商品も、同じ福岡県内でも地区によって慣わしが微妙に違い、筑後
地区にある当市場の商品は、福岡市内ではアンマッチというものも多々有りま
す。


年末まで、このような「お正月用の装飾品」や「切花類」「盛花類」「鉢類」で賑や
かになっていきます。
勿論、野菜・果物の出荷量も増えていき、競りの開始時間も早くなっていきます。
年末商戦に向けて、我々青果業を含めた、いわゆる商売人達はいよいよ佳境を
向かえます。



19:25  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.24 (Thu)

金時人参(京人参)

田主丸産(福岡県)の"金時人参"の入荷です。
金時人参
"金時人参"、別名を"京人参"とも呼びます。江戸時代に中国から伝わって
きた東洋人参であります。


金時人参-1
 


 今回の金時人参は、福岡県南部
 の田主丸産です。
 福岡県下では、この田主丸産が
 有力産地となっています。 





金時人参-2
この人参は通常はほとんど出回っておらず、この12月から年末に向けて集中
的に出荷されます。そうです「おせち」でひときわ紅色に輝くあの人参なのです。
通常の人参(西洋人参)と比べると、肉質が柔らかく甘さが段違いに違います。
ですので人参嫌いな子供さんも金時人参だけは美味しく食べるれることが多々
あります。
その色の良さと美味しさから「おせち」や「京料理」に重宝されていますね。

この"金時人参"や"くわい"そして"ゆり根"を見かけると、いよいよクリスマスが
終わって、お正月の準備になってきたなと実感します。



19:01  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.23 (Wed)

配達用の"ジャイロUP"

ジャイロ
 約5年前に配達用として購入した3輪バイク"ホンダ・ジャイロUP"
 です。毎日、こいつで納入先まで商品を運搬しています。
 もう走行距離も27000㎞を超え、走行メーターは3回転目になっ
 ています。※メーターは10000㎞で0に戻りますので・・・


日ごろのハードワークで、大分ガタは来ていたのですが、昨日 ついに
エンジンがかからなくなってしまいました。多分「プラグ」の劣化だろうと、
ちょこっとプラグ近辺を覗いてみましたが、通常のプラグレンチでは抜くこ
とが出来ず、折角シート下のパネルを剥いだので、これまた死亡寸前だ
った「バッテリー」を新品に交換しました。

ジャイロ-1
 バッテリーの位置は、燃料タンク下
 にある為、サイドのパネルを外す必
 要があります。
 「あ~、しぇからしかねぇ~」と言い
 つつビスを外し、このような露な姿に・・・
 凄く汚れています。とりあえず濡れ
 雑巾でフキフキと。。。




ジャイロ-2
 防塵カバーを外すと、バッテリーちゃ
 んのお目見えです。
 思い起こせばセルモーターが回らなく
 なって約2年、最近ではブレーキラン
 プが点灯している時は、電圧不足でウ
 ィンカーが点滅出来ないくらいの重傷
 となっていました。


 

バッテリー
 今朝、ナフコで買ってきた「新品バッ
 テリー」です。ネットで購入するとも
 っと安く購入出来たのですが、急ぎ
 でありましたので。。
 私達が高校生の時の原付のバッテリ
 ーは6ボルトだったのですが、セル付
 きになってからは12ボルトが標準装
 備となりましたね。
 



ここまでの作業は自分で行いましたが、後はショップまかせになり、ご近所の
茶山にある「オートショップ藤(とう)」さんに引き取りに来て頂きました。
メカニックの方に「多分プラグが悪いと思います」と伝え、ジャイロはそのまま
病院へ・・・
夕方になってショップのかたから電話があり、やはりプラグ交換で復活したと
のこと。。ホッと一息ついて回収に行ってきました。
ジャイロちゃんも"ブルルン"といつもの雄たけびをあげ元気になっていました
よ。まだツルツルのフロントタイヤの交換は終わってませんが、近日中に入荷
と言うことでもうチョッチ待っといてね。

この年末に配達できないとなると大変です。こんな小回りの効くバイクでないと
道が込みまくって時間のロスが大きくなってしまいます。以前は普通車の箱バ
ンで配達していたのですが、週末や特に年末は、納めが全部終わるまで夕方ま
で掛かることが多々ありました。
ついついトラックやバイクは普通に走って当たり前と思い込んでしまいます。もし
もの時のためのメンテは必要だとつくづく感じた日でありました。





19:22  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.22 (Tue)

でっかい"愛宕梨"

福岡県産の"愛宕梨"です。
愛宕梨
福岡県下でもフルーツの里として有名な朝倉で採れた愛宕梨です。
12月より出荷が始まる所謂「冬の梨」として重宝されています。特徴はその大
きさであり「新高梨」より大玉も存在します。愛宕梨はそのあまりに重い自重
のため枝が折れてしまうこともあるとか・・・
果肉質は少々柔らかめで独特の甘みがあります。しか~し、この愛宕梨には
"外れ"がまれに有り、まるで「ダイコンを食べているみたいで全然美味しくない」
ということがあります。今回紹介のこいつは美味しい愛宕梨でありました。
愛宕梨-アップ





いよいよ12月も20日を過ぎて、通年であったらクリスマス商材としての「いちご」
注文があちこちから入り、競値も高騰し市場も活況となります・・・が本年は違い
ます。明日が祭日で休市日となり、24日のイヴ用の「苺」の仕入れで本日は最
高値が出るはずでしたが、あけてみると相場は平日と変わらず、ほんとにクリス
マス前なのか?という状況でした。
ケーキ屋さんへの納め先を持っている仲買も「今年はケーキの予約が極端に少
なく、苺の注文も半分以下だった」と話していました。
野菜・果物の相場もこの時期になってもほとんど動かず、皆、口を揃えて「今年の
年末はどけんなっとるとかいな?」と心配しています。
不景気の影響が如実に現れており、この青果業界も不安な年末~年明けを向か
えそうです。飲食店の忘年会も軒並み前年の8割程度しかないとのことです。
・・・と言いつつも下ばかりは向いてられませんので、明るく頑張ろうと思います。



19:14  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.21 (Mon)

初物の"ポンカン"

      熊本産の"ポンカン"です。今期の初入荷商品です。
      ポンカン-箱
      出始めのポンカンは酸味が強いものが多々ありますが、
      今回のポンカンは甘くてとてもジューシーです。

ポンカン
ポンカンは元来インド原産の南方系の柑橘で、台湾を経由して日本に渡って
きたそうです。蜜柑ほど流通しておらず、若い方は食べたことが無いという声
も結構聞きます。
味的には、酸味が少なくジューシーで皮が剥きやすく袋のままいただけます。
そして剥いた時の柑橘の爽やかな芳香は素晴らしいものがありますね。
食べた後の、ポンカンの皮は捨てずに「お風呂」に浮かべてください。いい香り
がしてポカポカ温まりますよ。この辺は「柚子湯」に通じるところがあるみたい
です。


私の郷土の天草は、こんな柑橘が沢山採れます。海に面した斜面で太陽の光
をサンサンと浴びた美味しい柑橘類が育ってます。
蜜柑・ポンカン・デコポン・八朔・甘夏・そしてジューシーオレンジと多種の美味し
い果物の有力産地です。
ですので幼少の頃より蜜柑などはいつも"腹いっぱい"喰っていたので、柑橘類
のシーズン中は手の平や足の裏は常にまっ黄色でした。そのおかげか判りませ
んが私達は小学生のころは真冬でも靴下はほとんど履いたことがなかったです
ね。まぁ、当時の地方の小学生と言えばそんな感じでしたよね。懐かしき昭和40
年代のことであります。




18:45  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.18 (Fri)

続・冬景色と冷蔵柿

昨日から寒さが続き九州地区全体で冷え込んでいます。
市場~お店ルートも昨日に増して積雪量が増えていました。
雪景色-2
↑↑料金所を通過後の「東脊振トンネル」入り口らへんの光景です。
雪景色-3
↑↑トンネルを出てすぐのポイントで、昨日アップ分と時系列で見ると変化が
よく判ると思います。
雪景色-4
↑↑樹木の後ろは「南畑ダム」ですが、舞う雪によって湖面の確認ができませ
ん。この冷え込みは明日まで続くとの予報ですので、もしかしたら明日は通行
不可能かもしれませんね。







福岡産の"冷蔵柿"です。
冷蔵柿
冷蔵柿とは、シーズン中(10~11月)の一番美味しい時期の柿を冷蔵保存し
収穫が終わった頃(12月中旬以降)に出回るものです。
キズが無いキレイな柿だけを厳選して一個一個(たまに2個セットも有り)パ
ックして冷蔵したものであります。
これから年明け後まで出荷され、柿を長く生で食べれるように工夫されたも
のです。
扱いは通常の柿と同じで、こいつも時間が経つと柔らかくなりますので早め
に食べた方が美味しくいただけますよ。
冷蔵柿-1




愛媛産の"愛宕柿"です。
愛宕柿
この愛宕柿はもともと渋柿であり、渋抜きを施し「甘柿」に変身させたものです。
渋抜きとは、炭酸ガスやアルコールを使って柿自体に強制的に異常呼吸をさ
せ、渋さの元であるタンニンを不溶性にすることです。
ですので渋柿の形をした美味しい甘柿ということですね。この種も出回る時期
が短いので、見つけたら即ゲットの一品です。
愛宕柿-1



19:31  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.17 (Thu)

冬景色と葉牡丹

昨夜からの冷え込みで九州地方も初雪となりました。
市場~お店の道中である"東脊振トンネル"周辺もわずかではありますが積
雪がありました。
雪景色

雪景色-1
一年のうち数日間ではありますが、この山間部の道路が積雪のため通行止
めになります。昨日から週末にかけて寒波の到来が続くという予報なので、
明日以降もしかしたら通行止めをくらう可能性があります。





冬の観葉植物の代表選手"葉牡丹"であります。
葉ぼたん
葉ぼたん-1

"葉牡丹"という名前こそ付いていますが、牡丹の仲間ではありません。
江戸時代に野菜として持ち込まれた植物で、色鮮やかな葉が幾重にも重なる姿が、
さながら牡丹の花のようであることから、この名前で流通するようになりました。葉牡
丹はキャベツと同じように短い茎に大きい葉をつけますが結球しません。キャベツや
カリフラワー類などの観賞用植物との表現が適切でしょうか。

・・・と言いつつも、葉牡丹をみると、なんか美味しそうにみえるのは、多分私だけでは
ないと思います。原種がキャベツと同じなら食べれるはずと・・少し葉をかじってみまし
た・・・・。んん~。。味もそっけもなく、けして美味しいものでなく、やっぱり観賞用であ
ります。



18:04  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.12.16 (Wed)

今が旬の"牛蒡"

青森産の"牛蒡"です。
牛蒡
牛蒡の旬は初冬ということでまさに今が旬であります。※「新ごぼう」は春先が
旬ですね。牛蒡は根を食する根野菜ですが、このように"牛蒡の根"を野菜とし
て利用するのは日本と朝鮮半島だけの民族に限られています。
牛蒡の効能は有名なところですが、その繊維質の多さから、整腸・便秘予防・
動脈硬化・糖尿病に効果があると言われています。



牛蒡-箱牛蒡-箱-2
↑青森産の牛蒡は美しく、個人的には一番好きなものです。
これからのシーズンは、蓮根と共にお正月用として一年で一番需要が高まる
時期ですね。おせちの牛蒡も勿論美味しいのですが、私は「牛蒡天うどん」
の牛蒡が一番好きですね・・・それも千切りではなく大きめで薄く切ったやつ。。
うどんの出汁が薄めですので牛蒡自体のツンとして香りが引き立ち、最高です。

・・・と言いつつも、うどん№1は「きつねうどん」です。それもカップ麺の「きつねど
んべえ」です・・・高校時代の試験前日の夜食では毎晩のように食べていた記憶
があります。
あの頃は今みたいにカップ麺の選択肢は無かったので母親も「どんべえ」ばっか
り買ってきていたみたいですね。普通は食べ過ぎて嫌いになるパターンですが、
多分この「どんべえ」を食べるときは"徹夜"がらみだったので、精神状態がハイ
になってアドレナリンが出ていたからかもしれません。

あぁ~、思い出したら食べたくなってきました。


19:07  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.15 (Tue)

柚子胡椒

ご近所で、うどん・蕎麦・丼ものが美味しいと評判の"黒田節"の大将から手
作りの"柚子胡椒"をいただきました。
柚子胡椒
カップを開けると「柚子」の清々しい香りと「赤唐辛子」のスパイシーな香りが鼻
腔をくすぐります。指先でちょっと味見をしてみると微妙な辛さ加減でとても美味
しく出来上がっていました。
↓見た目からもその美味しさが感じられると思います。ホントに綺麗な出来上が
りですね。
柚子胡椒-1
私はお刺身を食べるときは「わさび派」ではなく「柚子胡椒派」ですので早速いた
だいてみたいと思います。通常「青柚子」のものを使っているのですが、この「黄
柚子」もラインナップに登録いたします。
柚子胡椒は、この季節とても重宝しますね、「鍋各種」「味噌汁」「トン汁」そして
「うどん・そば」の薬味としてドンピシャリですね。
しかし、この柚子胡椒は九州以外ではほとんどお目にかかることは無いそうです。







柚子
当店で販売している「柚子」で作っていただいたもの
です。今月の22日は"冬至"ですね。冬至は北半球
で最も昼が短く、最も夜が長い日であります。
日本では「柚子湯」に入り「南瓜」を食べると、風邪を
ひきにくいと云われています。
柚子-箱
今年は果物全般に言えることで、台風の直接被害が
皆無に近かったため「柚子」も例年に比べかなりの豊
作となっており、かなりの量が市場に出回っています。
よって通常「冬至」前にはポンと値を上げるのですが
今年は安値安定だと予測しています。

今日から九州地方はかなり冷え込むとの予報が出て
います。寒い夜はやっぱ「鍋」ですねぇ。。



18:02  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.14 (Mon)

糸島の牡蠣

昨日の日曜日は、93大の同級生(といってもオッサンですが)4人で糸島は岐志
漁港の"焼き牡蠣小屋"へ牡蠣喰いに行ってきました。
牡蠣
昨年は2回程行きまして、「こりゃなかなか安くて、旨いぞ」と味をしめ、またまた
オッサン4人で出かけてきました。かなり大振りな牡蠣で、炭火で直火焼きのた
め牡蠣が急激な過熱で割れ飛ぶことも多々あります。



調味料
備え付けの醤油や唐辛子もあるのですが、我々はより一層牡蠣を美味しくいた
だくため↑調味料や薬味を装備して行きます。隣席の方々が「お~、準備がい
いですね」と感嘆の声をあげられます。




デッサンタシマ
左:某電気大手メーカー勤務のDさん、右:北九州でデザイン事務所勤務のTくん。
Dさんは、学生の頃は細身のイケメン(今もイケメンは維持?)でしたが、年齢と
共に体格も立派になり当日も持参のオニギリを6個ほど食べていました。
Tくんは、大きな声では言えませんが体重が0.123㌧あるそうで仲間内で一番の
巨漢であります。もちろん牡蠣も彼が一番沢山食べました。




牡蠣-1牡蠣-2
↑このように大きな牡蠣が入っており、それぞれトッピングや味付けも工夫して
いただきました。いゃ~美味しかったっす。。




店内外
昨年よりお客さんが増えているとの情報を入手していたので、早めに出発し午
前10時過ぎに到着しすんなりお店には入れたのですが、あれよあれよとお客さ
んが増えだし店内も満杯、そして外には入店待ちのお客さんの列が・・・




外-1外-2
そして帰る頃には雨の中、各牡蠣小屋の前には長蛇の列、駐車場は満車とい
う状態になっておりました。やっぱ日曜日は2時間待ちも当たり前らしいです・・・
今年は”焼き牡蠣小屋”の人気が凄いです。休日に出かけられる方は気合を入
れる必要がありますよ。



牡蠣で満腹になったので、久しぶりに学生の頃を思い出してボーリングへ・・
ホークスタウンのボーリング場は、家族連れや若い方が多く我々オッサン軍団
はかなり浮いた状態でしたが、周りの視線も気にせず無事3ゲーム投げきりま
した。さすがに3ゲーム目は皆ヘロヘロでスコアも人には見せられないような結
果でありました。

卒業して20年以上経つのですが、顔を合わせると気分はまんま学生に戻ります。
それぞれ仕事や家庭があり、その容姿もかなり変化しているのですが、学生時
代のエピソードがまるで昨日のことのように飛び出してきます。
これからもこんな関係を大事にしていきたいと思います。。


18:36  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.11 (Fri)

紅ほっぺ

福岡産の"紅ほっぺ"です。
紅ほっぺ-2
"紅ほっぺ"・・・可愛い名前の苺ちゃんです。
平成14年7月に品種登録したばかりで、かなり新種の苺ちゃんですね。
「あきひめ」「さちのか」を交配させて静岡県で生まれました。



紅ほっぺ-1
"紅ほっぺ"は「ほっぺが落ちるほど美味しい」という意味で命名されました。
特徴は果実が大粒で、香りが強く果汁も多めです。そしてその味は名前に
負けない美味しさで、適度な酸味とコクを兼ね備えています。


ここ数年「あまおう」ブームで、美味しい苺 = あまおう。という感じでしたね。
「あまおう」は福岡県生まれと言うこともあり、苺農家さんがこぞって「あま
おう」栽培に切り替えたため苺中の占有率が劇的にアップしました。
一時期、お客様からも「あまおう」「あまおう」と超人気苺でありました。
この"紅ほっぺ"もポストあまおうを目指して頑張っていますよ~。負けず劣
らず美しく美味しい苺ちゃんです。見かけたときは宜しくでーす。。



19:05  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.10 (Thu)

姫りんご

信州(長野)産の"姫りんご(乙女りんご)"です。
姫リンゴ-1
果実の大きさは25~50gと小さく、果肉質はやや粗く適度な甘みと酸味があ
ります。・・・と言うものの通常のりんごに比べると、味も薄く水分も不足気味
なのでパサパサした感じは否めません。


      姫りんご-2
       そのままでも、勿論OKですが、「りんご飴」「砂糖煮」
       「ワイン煮」そして「姫りんご酒」などの加工用りんごと
       割り切った方が良いかもしれません。
       ただ、見た目が可愛いので味は差し置いても”子供受
       け”はすこぶるよろしいようですね。


姫りんご-3

お客様より「この小さいリンゴは美味しいとね?」と聞かれたときの返答に
なかなか困る一品でもあります。
「いや~たいした事無いですよ」と応えることがほとんどですが、以外にも
次回ご来店時には「なかなか美味しかったよ」と言われることもあります。
小さなお子様は、姫りんごを見つけると「可愛い~!!」と喜ばれますね。
中にはクリスマスツリーに直接吊るして楽しむというお客様もいらっしゃい
ました。

この”姫りんご”に関しては、「食べて楽しむ果実」というより「見て楽しむ果
実」という色合いが強いのか思います。



19:07  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.12.09 (Wed)

クリスマス~お正月用の鉢物

年末に向けての"鉢物"が揃い始めました。
鉢物-1
     鉢物-2
          鉢物-3



「シクラメン」「胡蝶蘭」「シンビジウム」「ポインセチア」などの、クリスマス~お正月用
の"鉢物"がぼちぼち揃い始めました。ラッピングはまだ間に合ってないのですが、合
間合間にやっていこうと思っています。
販売価格は今のところ例年なみです。12月も20日を過ぎると最終追い込みで、高値
になってくるのですが、今年はどうでしょうか??
本日は冷たい雨が降りました。なんか今年の景気の冷え込みを象徴しているみたい
にシトシトと降っています。私が青果業を始めて一番厳しい年末のような気がします。



18:45  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.08 (Tue)

シンビジウム

先日より"デンファレ"胡蝶蘭"そして本日は"シンビジウム"であります。
ラン科の植物でよく花屋さんの店頭でも目にするポピュラーな花ですね。
   シンビ-1
    東南アジアの熱帯、亜熱帯地方を中心に約70種類
    が知られています。
    原種は東南アジア~ヒマラヤ、アッサム地方の標高
    5000~2500㍍の高地に自生しているとのことです。
           シンビ-2
            シンビジウムの語源は、古代ギリシャ語で、花の花弁
            が舟形をしているところから、舟形という意味です。
       シンビ-3

       洋ランのなかでも一番よく育てられている種類で、ギフトや切り花として
       人気があります。比較的育てやすく、大~小輪の花が1本花茎に5~20
       輪ほどつき、1ヶ月近く咲き続けます。(上手に育てると3ヶ月続いた例も
       あるらしいです)
       花色は黄、白、赤、ピンク、モカなどさまざまです。東洋ランとして知ら
       れているシュンラン、カンラン、スルガランなどは、中国や日本に自生す
       るシンビジウムの仲間です。


年末が近づくにつれ、このような鉢物が店頭を賑わせるようになってきました。
この時期は"クリスマス用のラッピング"でギフト用に拵えていきます。
私自身、まだまだ「花」の知識が薄いため、花の越年方法や移植の方法など
勉強しなくてはいけません。逆に花に詳しいお客様にご教授いただくこともし
ばしばであります。頑張ろうっと。。



18:37  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.07 (Mon)

見た目を裏切る甘~い果実

熊本産の”スイートスプリング”です。
スィート
 見た目はゴツゴツそして真っ青なこの
 果実が”スイートスプリング”です。
 しかし食べるとビックリ、甘くてジュー
 シーでとても美味しく見事に期待を裏
 切ってくれます。
 温州みかんと八朔の掛け合わせです
 が、販売しているお店は少ないと思い
 ます。



スィート-アップ
食べ方は↑のように、オレンジを食べる感じでカットしていただくとOKです。
お客様に「騙されたと思って食べてください」と奨めて買って頂くと、皆さん
「ほんとに甘いね~美味しかったよ」と喜ばれます。
季節と地域限定なので、近所の八百屋さんやスーパーで見かけたら、即
ゲットの一品ですよ。









イスラエル産の”スィーティー”です。
スィーティー
 こいつは輸入が始まって10年以上経ちますので
 もうお馴染みの果物ですね。前回紹介したオロ
 ブロンコがイスラエルに移植されてスィーティー
 となりました。真っ青な見た目とは違い、甘く清涼
 感溢れる美味しい柑橘ですね。
 以前スィーティーブームの時は、スィーティー風味
 のガムやジュースなんかもあった覚えがあります。
 11月から2月が旬です、後半は表皮が黄色く変わっ
 てきますが味的には問題ナッシングですよ。






スィーティー-アップ
スィーティー表皮に含む「テルペン」という精油成分は、スチロール樹脂を溶
かす性質があり、表皮汁が付くと発泡スチロールやプラスチック製品は変色
などが発生しますが、人体には全く影響はありません。
この”スィーティー”や”グレープフルーツ”で注意点があります。
ご存知の方も多いと思いますが、薬と一緒に食べないということです。薬の血
中濃度を高める作用があり、薬が効きすぎたり副作用が強く起こることがあり
ます。特に高血圧の方は注意が必要であります。

この様な見た目と味のギャップがある商品は、POPや接客でお客様にアピー
ルするようにしています。
果物は季節限定のものが多いので、やはり旬な時期に旬の美味しいものを頂
きたいですね。




19:24  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.05 (Sat)

きんかん

宮崎産の"きんかん"です。
きんかん-超アップ
大玉の美しい「きんかん」であります。普通は"金柑"と書きますが、"金冠"と
とも書きます。後者の方が縁起の良い感じがしますね。



きんかん-アップ
 キンカンは皮(ごと)を食する
 果実です。若い方は多分食
 べたことは無いかと思います。
 食べ方は、もちろん生食も美
 味しいのですが、果皮のつい
 たまま「砂糖漬」「蜂蜜漬」
 「寒露煮」そして「ドライフルー
 ツ」としても加工されます。
 しかしどれも"大人の味"となり
 ますので小さなお子様には美
 味しく感じないかもしれません。











きんかん
 キンカンは風邪予防に良いと言
 われる位ビタミンCを含んでいま
 す。
 また蜂蜜漬は、喉に良いとの定
 説もあり、そのような市販の、
 のど飴も存在しますよね。
 
 私の天草の実家の庭にも、キン
 カンの木があり、当時小学生だっ
 た私も祖母から「これは皮ば、喰
 うとぞ。中は酸っぱかぞ」と教え
 られ、まさにその通りたったとの
 記憶があります。











実家で出来ていたキンカンは、まだ小ブリだったような気がします。キンカン
以外にも我が家の庭には「さくらんぼ」...これはマジ美味かった。「やまもも」...
味はイマイチでしたが採るのが楽しかった。そしてお隣さんの「グミ」...ネットリ
した食感で酸っぱかった。こんな果物を身近で普通に楽しめましたね。

また、冬の時期は「ざくろ」を捥いで食べたり、椿(山茶花)の蜜を吸ったりと
田舎ならではの、季節のご馳走がいろいろありました。懐かしく思い出します。




18:25  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.04 (Fri)

蓮根

佐賀産の"蓮根"です。
蓮根
佐賀産の蓮根は、九州を代表する蓮根です。
蓮根はハスの地下茎が肥大したもので、輪切りにすると多くの穴が
有り「先の見通しが良い」と言うことでお正月用の縁起物の料理で
活躍しますね。

蓮根-箱
 蓮根の旬は10月から3月と
 まさに今が一番美味しい
 時期であります。
 近年、蓮根に含まれる成
 分が花粉症の治療に効果
 があるとの報告もありま
 す。





810150054K.jpg
 佐賀県内でも白石地区は、特に「蓮根掘り」
 が多く点在しています。
 「掘り」はいわゆる泥が粘土質のハス池で
 あり、蓮根の収穫はこの掘りにズッポリは入
 り泥だらけの作業となります。



お正月用と言いつつ、通常の料理にも活躍する蓮根ですのでほとんど
年間通して販売しています。
蓮根も丸々太ったやつが美味しいですね。私の郷土の熊本県は全国的
に有名な"辛し蓮根"という名産品があります。
...私はこの「辛し蓮根」はイマイチ好みではありません。その昔、まだ小学
生の頃に何も知らずガブリと噛み付き、涙が止まらなかった事がトラウマ
となっているようです。あの時の鼻のもげるような感覚は忘れません。。


18:56  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.03 (Thu)

"里芋"の季節です

熊本産の"里芋"です。
里芋-アップ
寒くなってくると"里芋"の美味しさが引き立ちますね。里芋も多くの種類があ
りますが、基本的に「白芽」と「赤芽」と分類されます。両者は一目瞭然で頭
頂部が赤みを帯びているものが赤芽、白いものが白芽であります。
特徴として「赤芽」は柔らかく煮えて風味も強く、対して「白芽」は煮崩れし
にくく味は少々マイルドであります。九州地区では佐賀では「赤芽」、他県で
は「白芽」が人気ですね。私個人的には「白芽」の方が好みです。
↑画像は「白芽」の方です。


里芋-小里芋-大
名前の由来も簡単なもので、山地に自生した"山芋"に対して、里で栽培される
"里芋"であります。
以前も書きましたが、私は「おでん」の中の里芋が一番好きですね。次はトン
汁の具として里芋かな・・あのネチョ~とした食感も堪りませんね。
一概には言えませんが、煮えにくい里芋の見分け方として「形が歪で、ゴツゴ
ツしているもの」「切り口が大きく大きさがまばらなもの」が挙げられます。
やっぱ大きくて形が美しく揃った奴がよく煮えて美味しいと思います。






里芋-ネット
 こいつは、里芋の一種の
 "海老芋"であります。
 京都の伝統野菜でもあり
 味もまったりと濃く、美
 味しい里芋ちゃんです。
 名前の由来はまんま"海
 老"に似ているからです。
 普通の里芋より少々長形
 ですね。



朝夕の冷え込みが日一日と強くなってきて、本格的な冬の季節となりました。
先日、市場の仲買さんの事務所で「トン汁」を創ってみんなでいただきました。
市場構内も吹きッさらしで、とても寒むく暖かい"トン汁"が染み渡りましたよ。





18:24  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.02 (Wed)

千両

本日は"千両"の鉢植えが入荷しています。
千両
千両-1
"千両"はお正月用の縁起物として有名な植物ですね。兄弟分の"万両"との
違いは、千両は画像↑の様に葉の上に実が付きますが、万両は葉の下に実
が付きます。鳥から実が食べられにくいのは万両の方ですね。
これから年末に向けて、これらのお正月用の花・鉢物を揃えていきます。




胡蝶蘭
 前回紹介しました「デンファレ」の親分格
 であります"胡蝶蘭"です。画像のものは、
 "ミニ胡蝶蘭"で少々コブリのものです。
 学名は「ファレノプシス」。語源について
 は、まんま花が蝶のように舞っている姿
 に似ているというところからであります。
 新築や開店祝い、はたまた選挙事務所
 開き等のお祝いの鉢として有名ですね。
 
 大きくて茎の数が多いほど高価になります。
 テレビに出る立派な胡蝶蘭は、もちろん万
 単位の高価なものですよ。



胡蝶蘭-1


先日、仲良くさせて貰っている「花屋さん」から伺ったのですが、今年はご多分に
漏れず、花の売れ行きもかなり悪いとの事です。住宅関連の低迷からマンション
や大型商業施設の建築が激減し、建築現場の神棚に上げる「榊(さかき)」の需要
も平行して減っており、なかなか厳しいとのお話でした。
早いとこ景気回復の兆しが見えて欲しいものですね(希望的観測)。。。



17:40  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.01 (Tue)

デンファレ

蘭科の"デンファレ"です。
デンファレ
正式名称は「デンドロビウム・ファレノプシス」と長ったらしい名前であります。
胡蝶蘭の名称が「ファレノプシス」ですので、花の形は胡蝶蘭と似ています。
デンファレの基本的な季節は秋なのですが、年中栽培されていて、東南アジ
アよりの商品が多くなっています。

花屋さんや八百屋さんでもよく目にしますが、洋食の装飾花として使用されて
いますね。
テンファレ-1
このデンファレは、蘭の中でも格別に安価な種類です。花自体も強く、持ちも
良いほうなのでなにかと重宝されています。
近くのスーパーや八百屋さんで見かけたら試しに購入されてください。小さい
けどなかなか晴れますし、場所も選ばず他の花との組合せも比較的楽ですよ。
蘭でありながら「胡蝶蘭」のように主役になるのではなく、控え目な脇役の「デ
ンファレ」であります。
これから年末・年始のアレンジメントフラワーにも活躍しますよ。




     朝もや

          朝もや-1

               朝もや-2
     
     今朝も濃霧の朝でした。寝ぼけ眼を擦りながらの信号待ちの時、何気に
     車のウィンドゥからの光のコントラストが面白かったのでパチリ。。
     街灯・信号・ヘッドライトの色味の違いが霧でボーッと広がり、なかなか
     面白い画像が撮れたと悦に入っております。






19:33  |  新着・商品・市場情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |